8月にコンビニでおでんを売る理由

ふと会社の近くのコンビニ行くと
まだ8月なのにおでんが販売されていた。

「これうれるのかな?」

という疑問と、いやいやセブンイレブンが
売れないもの置くわけないでしょ。という葛藤が沸く。

それで、検索するとこんな本があった。

まだちらっとしか読んでいないけど
どうやら、人間は気温というよりは体感温度で
暑い寒いを決めるらしい。

つまり、最近の様に高い日が続いても
急に寒い日なんかが来ると人間は「寒い」と感じて
暖かい食べ物を食べたくなる。

冬に冷やし中華を食べたくなるのもそのせいだ。

確かに自分の行動を見ていても
夏のコンビニで時折あったかいそばなんかを買ったりする。

「日本は暖かい時期と寒い時期とを分けると、寒い時期が圧倒的に長い」
「だから、商売をやるには寒い時期向けの商品がいい」

なんていう人がいるけど、
もしかしたら、その定説は間違いなのかもしれない。

寒い日に食べられる商品は
暑い日でも十分にうれるのではないだろうか。

ちょっと中途半端ですが、
気温と消費者の動きに関しては
また書きたい。

本日も添削なしでごめんなさい。
ではでは